施設・サービスのご案内

当院の設備

当院の設備

 

■待合室

待合室 待合室 待合室

待合室には、おいしいコーヒーも用意しています。
夏には前のウッドデッキにも出られますので、お待ちしている間に
お外でコーヒータイムはいかがですか。

 

 

 


 

■診察室

第1診察室

診察室

第2診察室

診察室

第3診察室

診察室

第4診察室

診察室

診察室は、第4診察室まであります。なるべくお待ちする時間が少ないように心がけております。


超音波スケラー(オサダメディカル)

超音波スケラー
(オサダメディカル)

歯石除去に利用します。性能がいいために以前使用していた超音波スケラーの半分ぐらいの時間で歯石除去ができます。
また、この機械は超音波の力を利用して歯根膜線維自体または歯根膜を歯根面から切離し、歯槽骨と歯根面の間に隙間を作り抜歯ができます。
第1診察室設置

超音波診断装置(アロカα7)

超音波診断装置(アロカα7)

心臓検査はもちろんですが、肝臓などの臓器などにおいて、もう一台の超音波では見えにくい画像も見えてきます。早期診断が可能です。
第4診察室設置

 

 

 


 

■処置室・検査室

処置室・検査室 処置室・検査室

病院内の血液検査は、ここにある機械ですべて検査をいたします。


血液生科学検査機器

血液生科学検査機器

一般生科学のみならず、電解質も1度に5検体分検査ができます。検査結果が約5~10分ででます。

全血血球計算機

全血血球計算機

機械に血液を吸わせるだけで、白血球、赤血球、血液容積、 血小板などが15~30秒ほどで出ます。

       
顕微鏡

顕微鏡

腫瘤などの細胞診断、便検査など色々なところで活躍しています。

 

 

 

 

 


 

■レントゲン室

レントゲン室

 


レントゲン

レントゲン

デジタルレントゲンですので,すぐにコンピュータ上に結果が得られます。
撮影後に画像を操作できますので見えにくい場合などもすぐに変更ができます。

デジタルX線画像診断装置

デジタルX線画像診断装置

レントゲン撮影後瞬時に画像を診断することができます。
デジタル画像ですので、画像の条件をいろいろと変えることにより診断の精度も上がります。

 

 

 


 

■手術室

ICU

夜は殺菌灯で手術室を殺菌しております。
消毒に注意し感染などの問題が無いように心がけております。
手術台は2台です。

 

■ICU

ICU

室内温度、湿度、酸素濃度をコントロールできる入院室です。
酸素は外に4本接続してありますので一日中酸素を使用しても問題はありません。


動物用超音波手術器

動物用超音波手術器 Sono cure

超音波領域の周波数により先端チップを振動させ、目的の部位を安全に破砕させ同時に乳化と吸引が行なえます。さらには、先端チップの交換により骨の切削も行なえます。
その際、、血管や神経、その他の周りの組織など弾力性がある部分を選択的に温存でき、患畜へのダメージを最小限にすることが可能となりました。
特に、大血管との癒着や大血管に接しているために切除困難な腫瘍病変などで、大血管を傷つけることなく温存し切除できますので、手術範囲が広がると共に、対症的な手術においては減容積手術を行うことができるようになりました。
手術適応:胆嚢切除時、椎間板ヘルニアにおける骨切削、大血管に隣接する腫瘍切除、腫瘍における対症的な減容積手術。

       
レーザー治療器

レーザー治療器

手術時の止血切開などに使います。甲状腺腫瘍などの血管が豊富な部位の切除においても、出血量がかなり減らせます。
関節炎などのレーザー治療にも使用いたします。

電気メス

電気メス

手術時の止血切開に使用します。広範囲な手術で時間を短縮させたい場合などに使用します。繊細な手術部位の使用はできません。

       
内視鏡検査機器

内視鏡検査機器

胃、十二指腸検査、直腸検査、バイオプシー、異物除去などに使用します。胃や腸などにおいて、手術前に病理診断を出すことにより、手術術式を決定することができます。切除したら悪いものであったということをなくします。

吸入麻酔機

吸入麻酔機

ガス麻酔ですので麻酔の深度調節もできますし、手術後の麻酔の覚醒も15分前後です。麻酔が速くさめると痛みも感じますので、痛みに対しては、手術内容におおじて麻酔類を使用することなどによりコントロールいたします。

       
ガス滅菌機

ガス滅菌機

プラスチック類や精巧な機器などを滅菌するために利用します。

眼内レンズとインジェクター(1754)

白内障手術の際に、これらの装置を用いて最小の傷口から眼内レンズを挿入することができます。

       
滅菌機(オートクレーブ)

オートクレーブ滅菌機

新しい滅菌機です。乾燥まですべてフルオートです。

高圧化で(121~124度 15分、126~129度 10分)飽和水蒸気を発生させ滅菌します。手術器具などに使用します。

還流式保温機

還流式保温機

手術中は体温が低下しますので、体温の維持をする機械です。

       
超音波乳化吸引装置(フェーコー)

超音波乳化吸引装置
(フェーコー)

白内障により白く固くなった水晶体を削り取ります。この装置の登場により白内障の小切開手術が可能となりました。現在犬では眼内レンズを入れる関係上3.2mmの切開が最小となります。

手術用顕微鏡

手術用顕微鏡

眼科手術には必須の手術用の顕微鏡です。足もとでほとんどの操作が行える最新型です。

       
動物用生体モニター

動物用生体モニター

最新式生体モニターにより、麻酔下でも覚醒時でも安定したモニタリングが可能になりました。特に手術中の酸素濃度や血圧測定、麻酔濃度、二酸化炭素濃度、肺換気量、体温が正確に測定できます。

日本製LED(発光ダイオード)無影灯

日本製LED(発光ダイオード)無影灯

熱による術部の乾燥を防ぐことができ、光の強さも変更できますので 手術部位が非常によく見えます。

 

 

 


 

■全室に設置されている機器

 

眼圧測定器(トノベン)

眼圧測定器(トノベン)

緑内障などで使用します。非常に高価な機械ですが、眼圧を測ることにより正確な診断ができます。

メラン100

メラン100

光に対する瞳孔の反応を利用した視覚機能検査です。麻酔をかけることなく短時間で簡易に視覚機能を評価できます。

       
スリットランプ(細隙灯生体顕微鏡)

スリットランプ
(細隙灯生体顕微鏡)

眼科診療に欠かせない検査機器で、眼の表面から水晶体まで詳細に観察が行えます。

心電計

心電計

 

       
血圧計

血圧計

手術中の血圧を測定する機械です。血圧の音もなりますので、手術中に血圧が低下したときなどはすぐにわかります。
手術中以外にも、心臓病の子で血圧を血圧を測定するときにも使用します。

生体モニター

生体モニター

心電図はもちろんですが、血液中の酸素分圧、呼気中の麻酔薬濃度、血圧、心拍数、体温を管理することができます。

       
体脂肪計

体脂肪計

 

 

 

 

 

 

 


 

■入院室

超大型犬入院施設(2室)

入院室

全犬種中最大の体高を持つアイリッシュ・ウルフハウンドも余裕のスペースです。
入院状況はカメラで確認できます。

小型犬・中型犬入院施設

入院室

個々がゆったりとしたスペースです。

       

猫入院室

入院室

個々が通常よりも広めのスペースです。ネコちゃんのスペースもゆったりしています

ドックラン

入院室

入院中の子が、遊んだりできるスペースです。

 

 

 


 

■トリミング室

トリミング室

皮膚病などで活躍するマイクロバブル、通常のシンク、カット台2台があります。このマイクロバブルは通常のものよりかなり気泡が細かいので、毛根の汚れなどは比較にならないほど取り除くことができます。

採用情報 | 関連サイト | サイトマップ

Copyright© どうぶつの森総合病院. All Rights Reserved.